6/29,30 鬼頭郁子先生のテーブルコーディネート講座「クリーヴランド公爵夫人のお茶会」

 

ギャンゲットパーティに続く、大阪でのテーブルコーディネート講座のタイトルは

「クリーヴランド公爵夫人のお茶会」

17ー18世紀のヨーロッパにはパイナップルを形どった装飾が多く見られ、富と歓迎の

象徴でした。その頃のクラシックな装飾を、現代にアレンジしたアフタヌーンティーパーティーのブッフェスタイルをお楽しみいただきます。クリーヴランド公爵夫人とは、イングランド王チャールズ2世の寵妃 バーバラ・パーマー。大変、物欲が強く、見栄っ張りだったと言われています。クリーヴランド公爵夫人が、パイナップルを飾ったとは記されていませんが、彼女なら当時のお金で、1つ40万近くしたというパイナップルを豪華に飾ったかも。。。。と想像して見ました。紅茶のイギリス式お作法や、アンティックについてのお話などさせていただきます。

お菓子やティーサンドウィッチは磯部作喜子先生。

お花のアシスタント講師は乾衣里先生です。

紅茶は裏岡史子先生が担当致します。

☆開催日 6月29日(木) 30日(金) 11時30分ー1時
☆場所 「ル・プラン・ド・ルミエール」

☆受講代 8500円  テーブルアレンジメントとティーパーティー付き
☆講師

    鬼頭郁子(フラワー&テーブルコーディネーター)

 

☆お申し込み先

  info@musee.co.jp(鬼頭先生宛)

 

 

☆お問合せ先

☏0665410085

またはMail  lumiere@plein-lumiere.com

 

 

☆プロフィール

鬼頭 郁子(Ikuko KITO)先生

聖心女子大学哲学科卒

「旬を取り入れた花とテーブルの教室」は、少人数制のレッスンで着実に実力が向上すると、主婦からプロまで幅広く支持され、全国から生徒さんが通う。サロン主宰やスペシャリストを目指す方も多く、多数の教室主宰者を輩出、その育成やサポートにも力を入れる。

教室運営のほか、トップブランドのコーディネートやプロモーションに関わるなど、多くの企業の花や食文化に関するセミナーをおこなっている。

2012年にはハウステンボス美術館にて 「鬼頭郁子フラワー&テーブルコーディネート展」も開催。

2014年、銀座5丁目にライフスタイルを彩るテーブルウェアなどの、セレクトショップ「イザベラ コンスタンチン」をオープン

profile_2015112208

著書「鬼頭郁子がたずねるフランスの花とテーブル」「憧れのサロンマダム-趣味をお教室にして成功する人たち」「パリスタイルのブーケ,コンポジション」他多数。

2016012803

花・芸術文化協会 理事長 http://atfweb.org/

セレクトショップ「Isabella Konnsutannchinn」イザベラ コンスタンチン
東京都中央区銀座5-9-18三原小路入る ロサ・プリュス3階・5階
TEL:03-6280-6110

LINEで送る