利用規約

ル・プラン・ド・ルミエール 利用規約

本利用規約(以下「本規約」といいます。)はル・プラン・ド・ルミエール(以下「当社」と言います)が提供するサービス(プライベートダイニングサロン)の利用条件を定めるものです。
本サービスのご利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいた上で、本規約に同意いただく必要があります。なお、本規約の全部または一部に同意いただけない場合には、当社のサービスをご利用いただけません。予めよくお読み頂き、ご理解ご了承の程お願い申し上げます。

第1条(適用)
本規約は、利用登録者と当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

第2条(利用登録)
1 本サービスの利用を希望される方は、本規約を遵守することに同意し、かつ、当社の定める一定の情報を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用の登録を申請することができます。
2 当社は、第1項の登録申請に対し、登録を認める場合には、その旨登録申請者に通知し、当該通知によって、登録申請者の本サービスの利用者としての登録が完了したものとします。
3 当社は、利用登録の申請者に以下の各号のいずれかの事由があると判断した場合、登録及び再登録を拒否することがあり、その理由については一切の開示義務を負いません。
 (1)当社に提供した登録事項の全部又は一部につき、虚偽または記載漏れがあった場合。
 (2)未成年者である場合、または大学生のみの利用の場合
 (3)本規約に違反したことがある者からの申請である場合
 (4)反社会的勢力等である、あるいは、反社会的勢力等と何らかの交流もしくは関与を行っていると弊社が判断した場合
 (5)その他,当社が登録を相当でないと判断した場合

第3条(登録事項の変更)
 利用登録者は、登録事項に変更があった場合には、当社の定める方法により当該変更事項を遅滞なく当社に通知するものとします。

第4条(予約方法)
 前3条の利用登録完了後、下記事項についてご準備の上、電話にてお申し込みください。
 ①会社名・担当者氏名
 ②連絡先
 ③メールアドレス
 ④予約日時
 ⑤内覧希望の有無および日時
 ⑥使用人数
 ⑦使用用途
 ⑧紹介者名
  (ご利用前に年齢の確認できる証明書をご提示いただきます。)

第5条(料金及び支払い方法)
1 利用登録者は、本サービス利用の対価として、当社が定めウェブサイトに表示する利用料金を、当社がe-mail及びFAXでご請求後5日以内(土日祝除く)に、当社指定の銀行口座に振込にて当社に支払うものとします。
但し、2回目以降のご利用の際は請求書到着後10日以内に振込みください。
2 前項のお支払を当社が確認した時点で、予約の確定となります。
3 当社指定の支払期日を過ぎても入金が確認できない場合には、予約はキャンセルされたものとみなします。

第6条(予約確定後のキャンセル料)
 利用登録者は、予約確定後のキャンセルの場合は、以下の通りキャンセル手数料を支払うものとし、当社は、受領済みの利用料金から下記所定のキャンセル手数料を控除した残額を、利用登録者に返金するものとします。ただし、返金の際の振込手数料は、利用登録者の負担となります。
 ご利用日から14~10日前のキャンセル 利用料金の10%
       9~2日前のキャンセル   利用料金の50%
       前日および当日のキャンセル 利用料金の100%

 
第7条(ご利用時間)
1 利用時間は事前にお申し込みいただいた時間内でのご利用を厳守してください。
2 利用時間を延長される場合には、事前に当社までご連絡ください。ただし、当日の利用時間の延長は、お断りしております。
3 利用時間の延長については、当社ウェブサイトに表示する利用料金表記載の延長料金をお支払ください。
4 お申し込みいただいた時間よりも早く終了されても差額のご返金は致しません。
5 利用時間は、準備、後片付け、及び確認時間を含みます。退室 10 分前には後片付けを終了し、利用終了後は利用前の状態まで原状回復してください。後片付けの確認と備品点検をして退室となります。退出時間になりましたら、すみやかに退出をお願い致します。

第8条(ご利用方法)
1 主に料理教室やセミナー、会議、会合、展示、撮影などを目的とした利用を原則とします。
2 キッチン設備をご利用になる場合には、当社が別途定める「キッチンの利用方法」に従いご利用ください。
(キッチンの利用方法)
 (1)ご利用終了後は、下記のとおり清掃等行い、ご利用前の状態にお戻しください。
 ①多量の油については処理剤をご用意戴き処理してください。
 ②調理器具および食器はすべて洗浄してください。
 ③ガス台、調理台及びその他什器備品の汚れは全て拭き取ってください。
 ④備品及びキッチン設備は、清掃後、電源を切り所定の場所に戻してください。
 (2)備品リストにあるものは無料でご利用頂けます。
 (3)調理時に強い臭いが生ずるような調理や、室内に汚れが飛散したり付着したりするような調理については、お断りする場合がございます。
 (4)調理器具や、食品の取扱には十分にご注意ください。
 (5)食品の衛生管理は利用登録者の責任において行うものとします。
 (6)加熱調理中は、必ず換気を行うようにしてください。
 (7)調味料やラップなどの消耗品は備え付けておりません。
 (8)キッチン設備使用の場合、利用料金の中に施設使用料、電気、水道使用料、調理器具使用料を含みます。
 (9)料理の撮影スタジオとしてご利用の場合、当サロンにはスタジオマン(アシスタント)はおりません。

3 床、壁、及び、天井等にピンや粘着テープの使用はご遠慮ください。
4 危険物、動物、および、臭いや振動の発生原因となるものの持込は禁止しております。
5 室内以外の場所での携帯電話のご使用、飲食、ポスター等の掲示はご遠慮ください。
6 撮影スタジオとしてご利用の際、ヌード撮影はお断りしております。
7 駐車場の用意はありません。
8 未成年者または大学生のみの利用は出来ません。

第9条(利用後の原状回復)
1 ご利用終了後は、ご利用前の状態にお戻しください。
2 利用登録者は、時間内に清掃が終らない場合には、什器備品洗浄清掃等代行料金として当社に対し、金3,000円(税別)を支払うものとします。
3 利用登録者が、室内の造作物、設備、什器、および備品を毀損、汚損、および紛失等した場合には、当社はその損害を当該利用登録者に請求できるものとします。
4 ご利用に際し発生したゴミについては、当社で処分いたしますので、分別の上、所定の場所にまとめてください。ただし、産業廃棄物に属するごみは、当社では処分できませんので、利用登録者においてお持ち帰りください。

第10条(搬入・搬出)
 荷物などの事前の搬入はお断りしておりますので、当日予約時間内で行ってください。

第11条(禁止事項)
 利用登録者は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。
(1) 法令に違反する行為または犯罪行為に関連する行為
(2) 公序良俗に反する行為
(3) 本サービスの運営を妨害する恐れのある行為
(4) 反社会的勢力等への利益供与
(5) 危険物の持ち込み
(6) 前各号の行為を直接または間接に惹起し、または容易にする行為
(7) その他、当社が不適切と判断する行為
(8) 宗教の勧誘等の目的、政治活動等の目的、公序良俗に反する目的、法律に反する目的でのご利用
(9) 食品販売目的でのキッチンのご利用
(10) 高額商品の販売目的のご利用
 

第12条(登録抹消、利用制限)
1 当社は、利用登録者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知または催告することなく、当該利用登録者について本サービスの利用を一時的に停止し、または利用登録者としての登録を抹消、もしくはサービス利用契約を解除することができます。この場合、受領済みの利用料金については、返金致しません。
 (1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合           
 (2) 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
(3) 申込時の利用目的と実際の利用内容が著しく異なる場合
 (4) 暴力行為、反社会的行為、及びそれらの活動、ならびに、業務内容が不明確な団体が主催、協賛及び後援等を行う場合
 (5) 支払停止もしくは支払不能となり、または破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始もしくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
 (6) 当社からの問いあわせその他の回答を求める連絡に対して10日以上応答がない場合
 (7) 第3条第3項各号に該当する場合
 (8) 音、振動、臭気の発生等により、周囲に迷惑を及ぼす、またはその恐れがある場合   
 (9) その他、当社が本サービスの利用、登録ユーザーとしての登録、またはサービス利用契約の継続を適当でないと判断した場合
2 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、利用登録者は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。
3 当社は、本条に基づき当社が行った行為により利用登録者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第13条(安全管理)
1 本サービスご利用中は、ご利用者側の責任の下に防災・防犯等の安全管理を行ってください。
2 本サービスのご利用にあたっては、利用登録者は、他の利用者や関係者の安全のために、非常時に備えて、非常口、防災設備の位置や利用方法等を予め熟知してください。
3 当サロンの保全管理のため、当社が必要と判断した場合には、当サロン内に立ち入ることがありますので予めご了承ください。(スタッフは常駐しておりません)
4 盲導犬、介助犬以外の動物の入場はご遠慮下さい。
5 防犯上必要と判断した場合には、使用中であっても荷物や機材等の移動をお願いする場合があります。

第14条(免責)
1 本サービス利用中に、利用登録者およびその他利用者がお持ち込みになられた物(貴重品を含む)等の盗難、破損事故については、その原因の如何を問わず当社は一切の責任を負わないものとします。
2 本サービス利用中(キッチン設備の利用を含む)の事故及び怪我、食中毒につき、当社は一切の責任を負わないものとします。
3 本サービスの利用者間の紛争等に関し、当社は一切の責任を負わないものとします。
4 地震,台風,津波その他の天変地異,戦争,暴動,内乱,政府,地方公共団体の命令規制,法令の改正など当社の責めに帰すことのできない事情(以下,「不可抗力」という。)により、当社による本サービスの提供が中断、中止、終了、または変更された場合、当社はその損害について一切の責任を負わないものとします。

第15条(本規約等の変更)
当社は、本規約を変更できるものとします。その場合、当社は、利用登録者に当該変更内容を通知するものとし、当該変更内容の通知後、利用登録者が本サービスを利用した場合、または、当社の定める期間内に登録抹消の手続きをとらなかった場合には、利用登録者は、本規約の変更に同意したものとみなします。

第16条(サービス利用契約上の地位の譲渡等)
1 利用登録者は、当社の書面による事前の承諾なく、当該サービス利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
2 当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴いサービス利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに登録ユーザーの登録事項その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、登録ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第17条(裁判管轄)
本規約またはサービス利用契約に関する一切の紛争については、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第18条(その他)
1 本サロン前の路上駐車、および路上駐輪はご遠慮ください。
2 室内およびビル敷地内は禁煙となっております。  以上

ビジネス講座約款

第1条(適用の範囲)
ル・プラン・ド・ルミエール約款(以下「本約款」といいます)は、ル・プラン・ド・ルミエール(以下「当社」といいます)がビジネス講座のプログラム(以下「本プログラム」といいます)を利用者に対して提供するにあたり、利用者が遵守すべき事項を定めたものです。利用者は本約款に同意したうえで利用の申し込みを行ったものとみなします。

第2条(契約の申し込みと成立)
1. 利用者が当社に対して所定の申込様式(書類もしくは電子申込システム)に必要事項を記載のうえ提出・送信し、当社がかかる申し込みを受諾したときに、 本プログラム利用の契約が成立するものといたします。
2. 前項の形式によらずに別途契約書を締結する場合は、当該契約書に当社と利用者双方が調印することをもって契約が成立するものといたします。

第3条(個別契約との関係)
本プログラムの利用に関して個別に契約を締結する場合、個別契約の内容と本約款の内容が異なる場合は、当該個別契約が優先するものといたします。
第4条(プログラムの内容)
当社が提供する本プログラムの内容は、次のとおりといたします。
1. キャビンアテンダントベーシックコース
2. キャビンアテンダントアドバンスコース
3. ビジネスマナーベーシックコース
4. ビジネスマナーアドバンスコース
5. インターナショナルマナー講座
6. 日本の冠婚葬祭マナー講座
7. お手紙マナー講座
8. ワインとお酒の基礎知識講座
9. アフタヌーンティーパーティ講座
10. オプショナル講座(日常生活からビジネスシーンにわたる)

第5条(料金・諸費用)
1. 本プログラムの内容に関する料金(以下「コース料金」といいます)は、内容・時間等に応じて当社が定める料金表によります。なお、当該料金には、税込表示のある場合を除き、別途消費税(地方消費税含む)がかかります。
2. 前項と併せ、プログラム実施に伴い発生する諸費用(交通費・宿泊費等の実費)については、利用者負担となります。ただし、協議のうえ別段の定めをした場合は、この限りではありません。

第6条(支払い)
1. 利用者は前条に関わる料金・諸費用について、当社が指定する期日までに当社指定の口座に振り込み、または所定の方法で入金するものといたします。なお、当社が指定する期日までに支払いがない場合は、利用者の都合による解約とみなし、当社は本プログラム提供の中止等、必要な措置を講  じたうえ、第8条に定めるキャンセル料を利用者より申し受けます。
2. 本約款に定める料金・諸費用の支払いに関わる手数料ならびに返金する際の手数料は、すべて利用者負担となります。
ただし、当社の責に帰すべき事由により、乙が本プログラムを全く利用できない状態に陥った場合は、この限りではありません。

第7条(クーリングオフ)
本プログラムの受講のお申し込み後であっても、以下のとおり、受講のお申し込みの解除(クーリングオフ)を行うことができます。
1. 乙が本プログラムの受講のお申し込みを行い、受講約款および受講申込書の控えを受け取った日からその日を含めて8日以内であれば、クーリングオフを行うことができます。
2. クーリングオフされる場合は、第1号の期間内(8日以内の消印有効)に当社あてに郵便にて契約解除の旨を書面にてご通知ください。
3. クーリングオフされた場合には、本プログラムの受講契約を解除し、すでに払込みになった入会金、受講料、テキスト代を乙にお返しいたします。また、当社はクーリングオフによる損害賠償または違約金は一切請求いたしません。
4. 既に本プログラムが開講している場合でも、第1号の期間内であれば、クーリングオフを行うことができます。既受講分の対価を支払う必要はありません。

第8条(キャンセル)
利用者が本プログラムをキャンセルした場合の取扱いは、以下のとおりとします。
1. コース料金のお支払いまでに利用者がキャンセルした場合はキャンセル料は発生いたしません。すでに払込みになった全額を返金いたします。
2. コース料金のお支払後、お申し込み済みコースの開講10日前までに利用者がキャンセルした場合は受講料は返金いたします。
3. お申し込み済みコースの開講後に利用者が中途解約した場合は原則として受講料は返金いたしません。
4. 講座終了後の返金保証制度はありません。

第9条(当社による解除)
利用者に次に定める事由が生じた場合、当社は何らの通知催告せずに、直ちに本約款に基づく契約を解除できるものといたします。
1. 法令または公序良俗に反する行為の恐れがある、もしくは、講師や他の受講生に迷惑を及ぼし当社の運営に支障をきたす恐れがあると甲が判断したとき。
2. 自ら、または第三者を利用して、暴力的行為、詐術、脅迫的言辞、業務妨害行為などの行為をしたとき。
3. 自らが、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体、またはその関係者、その他反社会的勢力(以下「暴力団等」という)であることが判明したとき。
4. 自らが、暴力団等でないことに関する相手方の調査に協力せず、または相手方に求められた資料等を提出しないとき。
5. 所在不明、または1カ月以上にわたり連絡不能となったとき。
6. 当社に提出・送信した、利用者に関する情報に虚偽あるいは重大な遺漏のあることが判明したとき。その他、当社に対する重大な過失または背信行為があったとき。
7. 本約款に違反したとき。
8. その他前各号に準ずる事態が発生し、当社が止むを得ないと判断したとき
前項に基づき契約を終了したことにより、乙もしくはその関係者に損害が生じたとしても、甲はこれによる一切の損害賠償責任を負わないものといたします。

第10条(損害賠償)
当社および利用者は自らの責により相手方に損害を与えた場合、直接かつ通常の損害に限り、相手方に対してその損害を賠償する義務を負うものとします。

第11条(禁止事項)
当社および利用者は、本約款に基づく契約上の地位もしくは契約から生じる権利義務の全部または一部を事前の相手方の書面による承諾なくして第三者に譲渡できないものといたします。
当社が提供する教材、講義上で提供する情報の知的財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権等)は全て当社に帰属します。これらを無断で使用、複製、録画、録音、譲渡をすることは固く禁じます。

第12条(委託)
当社は前条の記載に関わらず、本約款における当社と同等の義務を負わせることにより、本プログラムの一部または全部を第三者に委託できるものといたします。

第13条(免責事項)
当社は天変地異・戦争・暴動・内乱その他の社会的事変、法令の制定・改変、政府による命令・処分・指導等の公権力の行使、通信回線の事故、輸送の遅延等、当社の責によらない事由による本約款の全部または一部の履行遅延もしくは履行不能について、一切その責任を負わないものといたします。
2. 利用者同士、または利用者と第三者間のトラブルに対して弊社は一切責任を負いません。
3. 航空会社各社の採用を保証するものではありません。
4. 利用者の合否判定をして資格認定をする講座ではありません。どこでも通用する基礎能力・技能を身に付けていただき、それぞれ実際の場で生かしていただく講座です。

第14条(個人情報の取り扱い)
1. 当社は、個人情報保護法および関連するその他の法令・規範を遵守するとともに、利用者の同意の下に得た個人データ等の守秘されるべき情報について、個人情報保護法に基づき適切に取り扱うものといたします。
2. 当社は利用者より提供された個人情報について、本人からの問い合わせ対応、当社の運営管理および、他のプログラムの案内、統計資料作成の目的以外には使用いたしません。
3. 当社は、個人情報の目的外使用、漏洩、紛失、改竄等の防止、その他個人情報の適切な管理のために必要な措置を講じることといたします。
4. 当社は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に利用者本人の同意を得ることなく第三者へ提供することは一切行いません。なお、当社の業務を第三者に委託する場合は、当該委託先に対して必要な調査を行ったうえ、秘密を保持させるために適正な監督を行うものといたします。

第15条(知的財産権の帰属)
本約款に基づく契約履行に伴い、当社が提供する著作物等の知的財産については、当社に帰属するものとし、当社による事前の書面の許諾を得ることなく、 利用者は、他の目的で使用、複製、転写または頒布することはできません。

第16条(準拠法)
本約款は、日本法を準拠法といたします。

第17条(管轄裁判所)
本約款に関する訴訟その他一切の法的手続きについては、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所といたします。

第18条(約款の変更)
当社は本約款および本約款に付随する内規を変更することが出来るものといたします。

第19条(契約終了時の効力)
1. 本約款に基づく契約が期間満了、または契約解除等いかなる事由により終了した場合であっても、第9条(当社による解除)、第10条(損害賠償)、第                                                                                                                   11条(権利義務の譲渡禁止)、第14条(個人情報の取り扱い)、第15条(知的財産権の帰属)、第16条(準拠法)、第17条(管轄裁判所)および本条の規定については、なお効力を有するものといたします。
2. 本約款に基づく契約が期間満了、または契約解除等いかなる事由により終了した場合であっても、当該契約が終了した時点で現に存在する個別契約については、当該個別契約の各当事者の義務の履行が完了するまで、なお効力は存続するものといたします。

第20条(適用期日)
本約款は、2019年11月1日より適用いたします。 以上